中学受験日記

娘と私の受験日記

紆余曲折の塾選び

 

我が家の居住地域は3人に一人は中学受験をするというくらい
受験者数の多いエリアです。


受験を決断するに、環境が後押ししてくれた事もあるけど
娘は大人しい“がり勉”タイプではないものの
運動よりも、読書や勉強を好む傾向がある子で
コツコツと物事を進めていける性格もあって
中学受験のチャレンジは糧になるかなと思いました

 

また中高一貫校に通う事で大学受験の準備を
時間をかけてする事ができるなども親として受験をさせたい
理由のひとつです。

 

娘は幼稚園の年中から2年の終わりまでは
「食える大人になる」がコンセプトの「〇〇学習会」に週に一度

通っていましたが3年に進級時に、大手「公立中高一貫校」の合格率が

高い事で知られている塾に入塾しました

 

この時期が、受験意思が明確になり始めたころです。

 

受験専門の塾通いに切り替えててからは「いつやめてもよい」と

思っていたはずなのに、気づくと娘と私ににとって

必達の目標になっていきました。

 

受験塾は学校の学習よりも進度が早いうえ
難易度が高くなるので娘の学習時間は必然的に長くなりました


そして塾では聞けなかった難解な問題を持ち帰ってくることも増えてきました

学習時間が増えたことと、解けない問題が増えたことで
モチベーションが下がり、やりたくないのかな?と感じる事も増えていきました

このままでは、最後までやりきれない…


何とか、塾の勉強についていけるようにしてあげなくては
そう考えるようになり、ついに我が家は塾の学習についていく為の
個別塾通いをする事にしました。


この続きは次回